HOME >自律神経失調症の症状

文字サイズ

自律神経失調症の症状~身体症状~ <部位・器官・機能別>

■頭---------頭痛、頭重感、偏頭痛、筋緊張性頭痛
■眼---------眼精疲労、まぶたの痙攣、ドライアイ(目の乾き)、疲れ目、なみだ目、目が開かない
■耳---------耳鳴り、耳の閉塞感、
■喉---------喉の異物感、喉の圧迫感、喉のイガイガ感、喉の詰まり
■口---------口の乾き、口中の痛み、味覚異常、唾液が出すぎる

■心臓・血管系・循環器系

動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、全身ののぼせ、全身の冷え、冷えのぼせ、全身のほてり、全身のしびれ、血圧の変動、息切れ、呼吸困難、息苦しさ、手足のほてり、手足の冷え、体のふらつき、手足のしびれ、多量の発汗、寒気、高血圧、低血圧、不整脈、胸痛

 

■消化器系

慢性胃炎、神経性胃炎、過敏性腸症候群(下痢と便秘をくりかえす)、下腹部の張り、食欲低下、食欲不振、過食、拒食、食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる、胃痛、胃重

 

■呼吸器系----過呼吸症候群 、息苦しさ、息が詰まる、息ができない、酸欠感、息切れ

■皮膚--------皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ、多汗、汗が出ない、冷や汗

■泌尿器------頻尿、尿が出にくい、残尿感

■生殖器------インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ
■首・肩・背中--首・肩・背中のこり、首・肩・背中の痛み、首・肩・背中の張り
■筋肉・関節---筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない
■手足--------手の痛み、足の痛み、足のふらつき、大量の発汗
■全身--------微熱、だるい、倦怠感、疲れやすい、疲労感、力が入らない、起きられない、大量の発汗、冷や汗、震え

 


自律神経失調症の症状~精神症状~

このページのトップへ

自律神経失調症の症状~身体症状~ <症状別1>

■頭が痛い、頭が重い----頭痛と言っても、自律神経失調症の痛みの度合い、痛み方、痛みの場所など症状はさまざまですが、側頭部がズキズキするように痛んだり、首から後頭部にかけて頭が締め付けられるように痛んだりするケースが多いようです。後頭部や頭全体が重かったり、圧迫感を感じたりすることもあります。⇒頭痛、頭重感、偏頭痛、筋緊張性頭痛

■目が疲れる、疲れ目----眼精疲労の症状や、目がショボショボしたり、まぶたの上が重くなったり、鈍痛を感じたりします。
■まぶたの痙攣----自律神経失調症の代表的な症状で、まぶたが突然ピクピクと痙攣するように震えます。
■ドライアイ(目の乾き)----いつもと変わらない生活をしているのに、目が乾きやすく、痛みを感じたりします。
■なみだ目----目に常に涙が溜まっていたり、潤っている状態ウルウルしています。
■耳鳴り----耳の中で「ジー」とか「ザー」というような耳鳴り音が継続的にしたり、突発的に聞こえてきます。
■耳の閉塞感----耳に何かが詰まっているような、閉塞感があります。
■喉の異物感・圧迫感----特に食事をする時などに、食べ物が喉にひっかかるような異物感を感じます
■喉のイガイガ感----風邪をひいたときの症状のような喉のイガイガ感がします。
■口の乾き----常に口の中が乾いている状態で、喉がカラカラの状態です。水分を補給しても治りません。
■口中の痛み----口の中に痛みを感じます。

 


自律神経失調症の症状~精神症状~

このページのトップへ

自律神経失調症の症状~身体症状~ <症状別2>

■味覚異常----食べ物の味が分からなくなります。または味の種類が違って感じられます。
■動悸・息切れ----緊張したわけでも驚いたわけでもないのに、突然心臓がドキドキして動悸が激しくなります。同時に息切れすることもがあります。
■胸部圧迫感
■眩暈(めまい)・立ちくらみ----急に立ち上がったときなどに突然眩暈(めまい)や立ちくらみに襲われ、体がふらついたり、倒れこんだりします。周囲がぐるぐる回る眩暈(めまい)ではなく、自分の体がふらつく症状です。
■のぼせ・ほてり ----自律神経失調症になると血液の循環が悪くなるため、気温・室温に関係なく突然体や手足ほてって熱くなったり、頭がのぼせて、ぼーっとします。
■冷え----自律神経失調症になると血液の循環が悪くなるため、気温・室温に関係なく手足が冷たくなります。
■寒気----自律神経失調症になると血液の循環が悪くなるため、気温・室温に関係なく、風邪の症状のような寒気を感じます。
■呼吸困難・息苦しさ----緊張したわけでも驚いたわけでもなく、また運動もしてないのに、急に呼吸が苦しくなって息苦しくなります。
■酸欠感、息切れ----突然の酸欠感に襲われ、息切れの症状が出ます。
■しびれ----何もしてないのに、突然手足のしびれを感じます。
■不整脈・胸痛----緊張したわけでも驚いたわけでもないのに、突然、心拍が早くなったり遅くなったり、不規則になったりと不整脈が起こります。不整脈に伴って胸痛が起こる場合もあります。
■過呼吸症候群----突然呼吸が速く浅くなって呼吸過多になり、頭痛・眩暈(めまい)、手先・口のしびれ、呼吸困難、失神などを起こします。(過呼吸症候群) ⇒過呼吸症候群は、血液中の二酸化炭素が少なくなって起こる症状です。

 


自律神経失調症の症状~精神症状~

このページのトップへ

自律神経失調症の症状~身体症状~ <症状別3>

■胃痛・胃炎----胃が痛む、胃が重苦しい、胃の不快感などの症状が発生します。⇒慢性胃炎、神経性胃炎など

■過敏性腸症候群----下痢と便秘をくりかえす症状が起こります。

■腹部膨満感----腹部の膨満感、下腹部の張り、腹鳴、ガスがたまるなどの症状が起こります。

■下痢/便秘----下痢もしくは便秘の症状が続きます。※下痢と便秘を交互に繰り返すのは、過敏性腸症候群と言います。

■食欲低下、食欲不振----わけもなく食欲が低下したり、食欲が一切なくなります。お腹が空いているのに食欲がない、食べ物をみると吐き気がする、食べた後に吐き気がするなどの症状が起きます。

■過食/拒食----食べても食べても満腹感が感じられずとにかく食べ続ける過食になります。反対に、食事が喉を通らなくなり拒食になる場合もあります。

■吐き気----食べると吐き気を催します。食事に関係なく吐き気を感じることもあります。

■食道のつかえ、異物感----食道に何かつっかえているような異物感を感じます。

■多汗、冷や汗、汗が出ない----わけもなく突然大量の汗が溢れ出たり、緊張していないのに冷や汗が出たり、反対に暑い場所にいるのに全く汗がでないなどの症状が起きます。

■手足の発汗----自律神経失調症になると、緊張していているわけでもないのに、手の平や足の裏に汗をかきます。

■皮膚の乾燥・かゆみ----皮膚が乾燥した状態でカサカサになったり、かゆみを感じます。

 


自律神経失調症の症状~精神症状~

このページのトップへ

自律神経失調症の症状~身体症状~ <症状別4>

■頻尿、尿が出にくい、残尿管----水分を摂取してないのに、頻繁に尿意を催したり、反対に尿が出ない、残尿感があるなどの症状が起こります。

■インポテンツ(ED)、早漏、射精不能----勃起不全、早漏、射精不能など、男性生殖器に異常が生じます。

■生理不順、外陰部のかゆみ----生理不順や外陰部のかゆみなど、女性の生殖器に異常が生じます。

■こり(凝り)・張り----肩・首・背中などが張ったり、凝ったりします。痛みを感じるほどの張り・凝りも発生します。

■筋肉痛・関節痛----運動をしていないのに、筋肉や関節の痛みやだるさがあり、力が入らなくなったり、ひどい場合は歩けなくなるほど痛むこともあります。また全身の筋肉が痛むこともあります。

■手足の痛み・手足のしびれ----自律神経失調症になると血液の循環が悪くなるため、手足がしびれたり、痛みが発生します。
■微熱----風邪などの理由が特にないのに、常に37℃ぐらいの微熱が続きます。微熱にはだるさが伴います。
■倦怠感・疲労感・疲れやすい----自律神経失調症の中で、もっとも多い症状です。理由もなく常に体がだるく、疲労感が続きます。また大変疲れやすく、全身に力が入らないなどの症状もあります。ひどくなると起きることができなくなります。それがだるさや倦怠感を助長することにもなります。

■不眠・睡眠障害----眠りについても眠りが浅くすぐ目が覚めてしまう、なかなか寝つけない、目が覚めたときに体がだるく疲労感があるなどの症状が起きます。

■乗り物酔い----普段は乗り物酔いをしない人が、乗り物に大変酔いやすくなります。

 


自律神経失調症の症状~精神症状~

このページのトップへ

自律神経失調症の症状~精神症状~

感情的
 ■怒りっぽくなる
 ■すぐ悲しくなる
 ■情緒不安定になる
不安感
 ■不安になる
 ■恐怖心におそわれる
 ■人間不信
ネガティブ思考
 ■悲観的になる
 ■落ち込む
 ■ささいなことが気になる
無気力
 ■やる気がでない
 ■何もしたくない
 ■自己嫌悪
集中力の低下
 ■集中できない
 ■記憶力が低下する
 ■物忘れがひどい


このページのトップへ
このページのトップへ